あじさい:万華鏡(島根県:日野円蔵)
取り扱い販売店
園芸ネット

科 名:ユキノシタ科
原産地:日本
別 名:紫陽花、七変化、七段花、手毬花、刺繍花
花言葉:移り気、貴方は冷たい人、無情
販売期間:4月中旬~5月下旬

5月中旬になると気温も上がり、日射量も増えてくると「輪」も大きく、ブルー色も冴えて一段と綺麗になります。

島根県農業技術センターで育成したあじさいの県オリジナル品種'万華鏡'が花きの新品種コンテストであるジャパンフラワーセレクション2012-2013(鉢物部門)で最優秀賞となる「フラワー・オブ・ザ・イヤー」を受賞しました。
https://ssl.pref.shimane.lg.jp/industry/norin/seisan/engei_shinkou/shin_hinsyu.html
「万華鏡」は本年平成25年4月より、一部の地域で販売されましたがまだ生産量が少なく、全国に出回るほどの量はありません。
平成26年4月下旬位には関東でも販売できると思います。  
※ジャパンフラワーセレクションは、毎年、国内外の花きの新品種のなかから、優れた品 種を選んで表彰する新品種のコンテストです。
「フラワー・オブ・ザ・イヤー」は、切花、鉢物、苗物の各部門の中で最も優れた1品種 に授与されます。

「母の日」の贈り物にカーネーションとともに、なくてはならない"花"の一つです。
アジサイは、梅雨時を彩る色鮮やかな花です。花色は、赤、桃、青、白等、大変豊富です。
土の酸度によって花色が変化をします。一般的に日本の土壌はやや酸性の為、庭植えのアジサイは青色や紫色が多く見られます。
アジサイは元々日本の山野に自生していた物です。性質は強く、少々日照不足の場所でも育ちます。
ハイドランジアは、日本のアジサイが鉢花用としてヨーロッパで品種改良され、再び日本に輸入された物です。
性質はアジサイよりもやや弱く、特に暑さ、寒さには弱い方です。
《水やり》
乾燥に弱いので鉢土の表面が乾いたら水を与えてください。

サイトナビゲーション