イベント情報

イベント情報
ネパール・ムスタン地域開発協力会 近藤理事長講演会

ネパール・ムスタン地域開発協力会 近藤理事長の講演会を下記要綱により開催致します。
近藤理事長は70歳の時に私財をなげうち単身ムスタン郡に留まり、秘境ムスタンの農業開発のための奉仕活動をされています。
以来、88歳になる今日まで学校建設、病院建設等にも孤軍奮闘されています。
どなたでも御気軽にお誘い合わせの上お越し下さるようお願い申し上げます。

日 時  2010年3月19日(金)午後1:30~3:30
会 場  東京都東久留米市東本町8-14  成美教育会館「3階大研修室」
お問合せ:MDSA東京支部長・本間弘之 TEL042-474-0098 FAX042-474-9987
MDSA東京地区支部長 沢田義則 
後 援  東京東久留米ロータリークラブ    東久留米市社会福祉協議会

母の日(Mother's day):2013年5月12日(日)

母の日は、日頃の母の苦労をいたわり、母への感謝を表す日。
日本やアメリカでは5月の第2日曜日に祝うが、その起源は世界中で様々であり日付も異なる。
たとえばスペインでは5月第1日曜日、北欧では5月の最後の日曜日に当たる。
1.907年5月12日アンナ・ジャービスは、亡き母を偲び、母が日曜学校の教師をしていた教会で記念会を持ち、白いカーネーションを贈った。
これが日本やアメリカでの母の日の起源とされる。
ジャービスの母への思いに感動した人々は、母を覚える日の大切さを認識し、翌1.908年の5月10日には同教会に470人の生徒と母親たちが集まり最初の「母の日」を祝った。
アンナは参加者全員に、母が好きであった赤いカーネーションを手渡した。
このことから、赤いカーネーションが母の日のシンボルとなった。
アンナ・ジャービスは友人たちに「母の日」を作って国中で祝う事を提案。
1.914年に「母の日」はアメリカの祝日になり、5月の第2日曜日と定められた。
日本では、昭和時代に皇后(香淳皇后)の誕生日である3月6日(地久節)に行われていたが、1.949年ごろからアメリカの例に倣って5月の第2日曜日に行われるようになった。
母の日にはやはりカーネーションなどを贈るのが一般的になっているが、最近ではカーネーションに限らずバラ、ガーベラなども好んで贈られるようになってきている。
フリー百科事典「ウィキペディア」より抜粋

バレンタインデー:2月14日

女性から男性に向かって恋を打ち明ける日とされ、日本では愛の印としてチョコレートを贈る。
この習慣は、1958年にメリーチョコレートが東京・新宿の伊勢丹で販売促進のためのキャンペーンとして展開したのが始まり。

いい夫婦の日:11月22日

11・22で「いい夫婦」。11月の「ゆとり創造月間」の一環として、余暇やゆとりの大切さをアピール
することを目的に、通産省が制定。
ゆくゆくは、翌日の「勤労感謝の日」と連休にしようという動きもある。

ボスの日:10月16日

1958年10月、アメリカのパトリシア・ベイ・ハロキスが、会社を経営していた父親の為に、
経営者と部下の関係を円滑にしようとボスの日を提唱。
アメリカ商業会議所に登録したことが始まり。
この日は、仕事上のボスをランチに招待したり、プレゼントを贈ったりする。

中元:7月15日

中元の習慣は中国から伝わったもので、正月15日を上元、7月15日を中元、10月15日を下元
とする三元からきたもの。
日本では盂蘭盆と重なり、祖先を供養し、両親らに食べ物を贈る風習が、現在のような形になった
という。
上司、恩人などに贈り物をし、日頃の感謝を表す日。

盆:7月15日

盂蘭盆会の略で、昔から正月に次ぐ行事として行われてきたもので、祖先の霊を
慰める為に行う。
祭壇に胡瓜や茄子で牛や馬の形を作り供えるが、これは先祖の霊が馬に乗り、牛に荷物を
引かせて帰ってくると信じられていたことによる。

サイトナビゲーション