平成18年7月29日 第12号

長かった梅雨空の雲がようやく切れ始め、日差しが眩しく感じられるようになりました今日この頃、皆様方に置かれましてはいかがお過ごしでしょうか。

 さて、今回は「多摩地域花卉地方卸売市場連携推進協議会」発足による

「卸売市場連携物流最適化推進事業」についてお知らせ申し上げます。

私共の多摩地域には「TFC多摩生花市場」「立川生花市場」「青梅インターフローラ」と三市場が営業しております。(八王子生花さんもありますが)

最近の地方JAの大型合併に伴い出荷形態が大幅に変わり、輸送を効率的に行う為に大型市場一極集中の様相を呈してきました。我々、地方卸売市場では独自の集荷活動が厳しくなり、思うように荷が揃わなくなることも懸念されます。

その為、「集荷力の向上」「出荷者の出荷コストの軽減」「流通の効率化」「関係者の経営体質の強化」等を目的に今回三社で「協同集出荷物流連携事業」を「実証事業」として実施する事となりました。

基本的にはいかに荷揃えを良くするかが問題であり、都内「中央市場」規模は無理にしても、必要なものは確実に揃っていなければなりません。

多摩地域市場個別ではそれも難しく、ともに連携することで取引先買参人の方々の「満足度」向上目指して取組んでゆきたいと考えておりますので、ご期待いただければと思います。

いよいよ弊社では来る9月1日より「Web販売」を始めます。皆様方の「花の仕入れ」をいかに効率的に確実に行うかが課題ではなかったかと思います。

その課題を解消すべく実施いたしますので、こちらも是非ご期待いただければとおもいます。

いよいよ夏本番となります。お体を大切にこの暑さを元気良く乗り切ってゆきましょう。